医歯薬系の働く環境

医歯薬系の働く環境は、命を預かる仕事ゆえの責任の重さが大変さと比例するのではないでしょうか。
それは一般人の会社員にはない重圧なので、他の職種と環境を比べることは難しいように思われます。
同じ医歯薬系でも入院設備のある大きな病院と、入院設備のない病院ではまた大変さは違ってくるでしょうし、働く環境も違ってくるはずです。
休職中の看護師が入院設備のない病院への復職を希望する場合が多いのは、やはり命の重さを充分過ぎるほど感じてのことなのだと思います。
また、働く地域でも差がでています。看護師の数が一番多いのは、やはり東京ではないでしょうか。中心地ほど、看護師の数は多く、地方に行くほど少なくなっているようです。
その中でも、秋田では慢性的な看護師不足が起こっており、いかに看護師さんを秋田県に呼ぶかが課題になっているようです。東北看護師ナビ♪秋田の医療事情~求人情報までを探る!

医歯薬系で働くと決めた以上、一生人間と病と関わって生活することになります。
新しいウィルスが見つかったり、新薬が開発されたりする中で、最新の知識や技術が求められます。
随時更新される情報を頭に入れ、日々患者に対応しなければならない環境は脳の休まる時間が少ないのかもしれません。
情報社会で仕事をしていますが、やはり日々更新される情報を頭に入れながら上書が出来ればいいのですが、上書は決して出来ないとわかっています。
上書が可能で過去の情報を忘れてもいいのであればもっと簡単なのかもしれませんが、過去の情報も忘れてはならず、いつでも取り出せる状況にしておかねばならないのですから、コンピュータ並みの処理能力が問われることもあるでしょう。
瞬時に処置の対応を判断しなければならない環境がいつ訪れるかわからないのですから、何よりも心のケアがいつでも出来る環境を整え、カウンセリングを受けられるようにしておくのが必要な職場なのだと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>