看護師の種類

病院で受付業務の次に接することになる看護師さん。
一口に看護師といっても、資格によってレベルがあります。

看護助手は、医療行為や治療に関する行為はできませんがそれ以外の看護師の業務をサポートするのが仕事です。
資格がなくても働くことはできますが、よりよい仕事をしようと思っている人は看護助手の民間資格があるので受講して受けておいたほうが有利です。
准看護師は、看護師の中では一番とりやすい資格です。仕事内容は病院で働いている分にはほとんど正看護師と変わりはありません。
正看護師は、自らの判断で主体的に看護を行えるのに対して、准看護師は医師や正看護師の支持がないと仕事ができません。

正看護師は、高校を卒業した後にいろいろな看護の学校で看護について学んで受験資格を得た後、国家試験を受けて合格したものでなければなれません。一方准看護師は、中学卒業後、准看護師学校や3年制の高等学校の看護科などを卒業し都道府県が行う試験に合格すればなることができます。

慢性的な看護師不足や看護師の質の低下防止のため、准看護師制度を廃止している都道府県もいくつか出てきています。しかし准看護師から始めて実務経験を積んで正看護師になる人もたくさんいます。

笑顔で人を癒し、病気で苦しむ人の支えになることに変わりありません。看護師とはまさに女性に向いている仕事といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です